副作用にも注意を|フィラリアもカンジダも怖くない!海外の薬なら個人輸入代行サービス

副作用にも注意を

たくさんの薬

薬といえば気になってくるのが副作用ですが、カンジダの薬として取り扱われているフォルカンにも副作用があります。
最も多いのが肝臓や腎臓の働きを示す血液検査値の変化です。
フォルカンの有効成分は肝臓で代謝され、腎臓から体外へ排出されます。
血中濃度が高まり、肝臓や腎臓に一定以上の負担がかかるとそれぞれの臓器の機能を示す血液中の検査値が変化するのです。
とはいえ、重篤な副作用に必ず直結するようなケースは少ないので、過度な心配は必要ありません。
フォルカンなどの内服型の抗真菌薬を使用するときは、定期的な血液検査をして状態を確かめながら服用することが大切です。

また、フォルカンには併用すると相互作用によって有効成分の代謝が遅れ、重篤な症状を発症してしまう可能性がある薬があります。
フォルカンを使用しようと思ったときは、まずフォルカンについて調べて正しい知識を得てから使用するようにしましょう。
フォルカンの併用禁忌薬や併用注意薬について知っておくことで、重篤な副作用の症状から自分自身を守ることができます。
もし不安がある場合は、すぐにフォルカンを使用するのではなく、医師に相談してから使用するようにすると安心して使用することができるかもしれません。